森友小認可で私学課長厳重注意 審査問題ないと大阪府

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府は6日、学校法人「森友学園」の小学校設置認可申請の審査が、府の基準で認めていない借地利用を前提に進められた問題に関する検証結果を公表し、上司に判断を仰がなかったとして私学課長を厳重注意処分とした。審査自体には問題がなかったとの結論も併せて示した。

 検証結果では、財務局や学園の説明で将来的に土地が自己所有になると判断したという私学課の説明を「十分な根拠に基づいたものとは言えない」と指摘。審査基準の適合性に関し、課長が決裁権を持つ部長に丁寧な説明をしなかったとした。