今村復興相は「辞任を」 避難者や支援団体

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 今村復興相の辞任を求め、職員(右)に要請書を手渡す自主避難者や支援団体の関係者ら=6日午後、復興庁

 東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還を「本人の責任」などと述べた今村雅弘復興相の発言を巡り、自主避難者や支援団体「避難の協同センター」(東京都新宿区)が6日、復興庁を訪れ、発言の撤回と今村氏の辞任を求める文書を同庁職員に手渡した。

 文書は、避難者は原発事故さえなければ故郷を離れることはなかったと強調。「被災者支援の責任を担う大臣として資質を問わざるを得ない」と今村氏を批判した。

 復興庁に対しても、自主避難者への支援を福島県に任せ切りにせず、国として実情把握に努めるよう求めた。