「フクシマの英雄」と再会 スペイン国王、活躍称賛

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アストゥリアス皇太子賞を受賞した岩熊真司氏(左から2人目)らと記念撮影に納まるスペイン国王フェリペ6世(右端)=6日午後、東京都内のホテル

 国賓として来日中のスペイン国王フェリペ6世は6日、都内のホテルで、2011年の東京電力福島第1原発の事故直後に出動し、最前線で対応に当たった自衛隊や警察、消防の指揮官5人と会い、活躍をたたえた。「フクシマの英雄」として高く評価された5人は11年、スペインで権威あるアストゥリアス皇太子賞を受賞。同国での式典で、当時は皇太子だったフェリペ6世に賞を授けられた。

 関係者によると、フェリペ6世はこの日「皆さんの功績は人々の記憶に残っている。ぜひ再会したいと思っていました」と述べた。