カーリング、SC軽井沢クは敗退

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 カーリング男子世界選手権1次リーグ、スイス戦に臨んだ日本=6日、エドモントン(AP=共同)

 【エドモントン(カナダ)共同】来年の平昌冬季五輪出場枠が懸かるカーリング男子の世界選手権第6日は6日、カナダのエドモントンで1次リーグが行われ、5日に五輪出場権を獲得したSC軽井沢クの日本は通算5勝6敗の7位で上位4チームによるプレーオフに進めず、敗退した。

 スイス戦は同点で迎えた最終第10エンドに決勝点を奪われて5―6で競り負け、中国戦は序盤に大量のリードを奪われて2―9で完敗した。

 5日のカナダ戦後、他試合の結果を受けて五輪出場が決まった。一夜明け、スキップの両角友は「(決定は)ニュースで知ってびっくり」と喜びを口にした。