「ビットコイン」で支払いOK ビックカメラが導入

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 仮想通貨「ビットコイン」の支払いで使用されるスマートフォンの画面。レジ側(右)の2次元コードを客側が読み取ることで支払いができる=7日午前、東京都千代田区のビックカメラ有楽町店

 家電量販大手ビックカメラは7日、インターネット上で流通する仮想通貨「ビットコイン」による支払いサービスを東京・有楽町店で試験的に導入し、売り場を報道陣に公開した。国内の大手小売店でビットコインが使えるのは初めて。利用が進む外国人客の呼び込みに有効だと判断した。

 ビックロ新宿東口店にもこの日導入。ビットコイン取引所「ビットフライヤー」のシステムを採用しており、客は会計時に示される2次元コードをスマートフォンで読み取って支払う仕組み。利用額は会計1回につき最大10万円相当で、現金決済と同じ10%分のポイントが付く。