天下り防止で有識者会議 文科省が設置

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 松野博一文部科学相は7日の記者会見で、違法な組織的天下りの再発防止に関する有識者検討会を同日付で設置したと発表した。現役職員とOBが接触する際の規則や、職員に対するコンプライアンス(法令順守)研修の内容などを議論する。

 いずれも天下り問題の文科省調査班メンバーだった、水地啓子弁護士や杉山忠昭花王執行役員、原田久立教大副総長ら6人で構成する。

 今後の日程や結論の公表時期は未定。松野文科相は「一刻も早く国民の信頼を取り戻せるよう、スピード感を持って取り組みたい」と述べた。