臨床研究法が成立

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 病気の治療に役立てる臨床研究を適切に進めることを目的とした臨床研究法が7日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。研究に資金を提供する製薬会社に対し情報公開を義務付けるなど、企業との癒着による不正が相次いだ臨床研究の透明性の確保を図る。

 法は、企業から資金を受けた臨床研究などが対象。国の認定を受けた委員会が研究計画を事前に審査するほか、健康被害が起きた場合に厚生労働相への報告を義務化する。厚労相の停止命令に背いた場合は最高で懲役3年、罰金300万円の罰則を科す。