戦没者名簿など91冊誤廃棄 千葉県文書館、15年度に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 千葉県の行政文書などの資料を収集して保存する同県文書館が2015年度末に所蔵文書を処分した際、本来は長期保存する必要のある第2次世界大戦の戦没者名簿や遺族台帳など公文書計91冊を誤って廃棄していたことが7日、県文書館への取材で分かった。

 県文書館によると、県の行政文書管理規則の改定に伴い、2015年度に約1万冊の所蔵文書を処分。その際、原則として長期保管の対象になる「1952年度までに作成・取得した文書」に当たる91冊を廃棄してしまった。

 改定規則では、保存期間の30年を超える資料のうち「歴史公文書」に該当しないと判断すれば廃棄が可能とされている。