拘束8人、共犯関係の解明目指す ロシア地下鉄テロ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【モスクワ共同】ロシア北西部サンクトペテルブルクの地下鉄テロで、捜査当局は7日、現場の爆発で死亡したジャリロフ容疑者の共犯者として新たに拘束した8人の役割や容疑者との関係について解明を進めた。

 連邦捜査委員会は裁判所に8人の逮捕を近く申請する方針を示した。8人の国籍は明らかになっていないが、いずれも中央アジア出身の可能性がある。ジャリロフ容疑者は中央アジアのキルギスでウズベク系の家族に生まれ、ロシア国籍を持っていた。