豪首相、米を強く支持 シリアへの巡航ミサイル攻撃

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【シドニー共同】オーストラリアのターンブル首相は7日、シドニーで記者会見し、シリアのアサド政権による化学兵器使用は「ショッキングな戦争犯罪だ」と非難、米国が巡航ミサイルによる攻撃で対抗措置を取ったことについて「速やかな反応を強く支持する」と表明した。

 会見に同席したペイン国防相は、米軍の攻撃直前にマティス米国防長官から連絡があったと明らかにした。オーストラリアはイラクなどでの米軍主導の有志国連合による空爆に参加している。