6人死亡とアサド政権軍 基地ほぼ破壊か、米ミサイル攻撃

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【カイロ共同】シリアのアサド政権軍幹部は7日、米軍によるミサイル攻撃で6人が死亡したと国営テレビで発表した。

 シリア人権監視団(英国)は同日、シリア中部のシャイラト空軍基地はほぼ完全に破壊されたと発表。滑走路や燃料タンクなどが損壊したほか、将校らがいる営舎にも被害があったもようだ。

 シャイラト空軍基地はシリア国内第2の規模の空軍基地とみられ、ロシア製のスホイ爆撃機などが配備されている。