両陛下、静岡で郷土芸鑑賞 スペイン国王夫妻招き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 静岡浅間神社で披露された郷土芸能「稚児舞」=7日午後、静岡市葵区(代表撮影)

 国賓として来日中のスペイン国王フェリペ6世夫妻と共に、静岡市を日帰りで訪れた天皇、皇后両陛下は7日、徳川家康が元服式を行ったとされる静岡浅間神社で、郷土芸能「稚児舞」を鑑賞された。国王夫妻は同日午後、静岡空港から帰国の途に就いた。

 稚児舞は豊作や平和を願って奉納。神社の舞殿で稚児が華麗に舞う姿に、両陛下と国王夫妻は熱心に拍手を送っていた。国王は別れのあいさつで、謝意を伝え、陛下は「今回の訪日が、良い思い出になることを希望します」と応じた。

 両陛下と国王夫妻はこれに先立ち、当時のスペイン国王が家康に贈った西洋時計を、徳川慶喜の屋敷跡「浮月楼」で見学した。