都知事「肝心なところ分からず」 豊洲百条委の証人喚問終了で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 定例記者会見する東京都の小池百合子知事=7日午後、都庁

 東京都の小池百合子知事は7日の定例記者会見で、豊洲市場の移転問題を検証する都議会の調査特別委員会(百条委員会)が予定した24人の証人喚問を終えたことに関し「多くの方は記憶がなく、肝心なところが分からなかった」と感想を述べた。

 小池知事は「市場の問題は、誰がいつどこで何を決めたのかに関わってくる。誰もが自分が決めたのではないと言い、(豊洲移転が)空気のように決まっていった印象がある」と指摘。「ガバナンス(統治)とは何だったのか」と疑問視した。