20年東京五輪開会式、祝日化も 交通まひ懸念で対応検討

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 遠藤利明前五輪相

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会で副会長を務める遠藤利明前五輪相は7日、五輪の開会式が行われる20年7月24日の金曜日は、関係者の輸送などで東京都内の道路交通がまひする恐れがあるとして、来年の通常国会で祝日法改正が必要になる可能性があるとの見解を示した。「交通規制で対応可能か検討している。無理な場合は祝日にしなければいけない」と述べた。

 祝日を増やすと日常の経済活動にも影響することから、関係者によると、同年7月20日の「海の日」を24日にスライドさせる案も考えられるという。