NY株小幅反落、6ドル安 方向感欠く相場展開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=7日(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅反落し、前日比6・85ドル安の2万0656・10ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は1・14ポイント安の5877・81だった。強弱さまざまな取引材料が交錯し、相場は全体的に方向感を欠いた。

 ダウ平均は朝方、3月の米雇用統計で非農業部門の就業者数が市場予想を大きく下回ったことや、米国によるシリアのアサド政権への軍事攻撃で、投資家がリスク回避姿勢を強め売りが優勢となった。

 一方、米雇用統計で失業率が9年10カ月ぶりの低水準になったことが好感され相場を下支えした。