米、対北朝鮮で中国に行動迫る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2日間の会談を行ったトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=7日、米フロリダ州パームビーチ(AP=共同)

 【パームビーチ共同】トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は7日、米南部フロリダ州パームビーチで2日間の会談を終えた。北朝鮮の核開発が「深刻な段階に達した」との認識で一致、トランプ氏は中国が協力しないなら単独行動も辞さない考えを習氏に伝え、核開発阻止に向けた行動を迫った。トランプ氏は東・南シナ海で国際規範を守る重要性を指摘し、中国をけん制。両首脳は貿易不均衡問題の解決に向けた「100日計画」策定で合意した。

 会談後に米国のティラーソン国務長官やロス商務長官が明らかにした。