ジャンプ、男子は日本開催見送り W杯、来季の暫定日程発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国際スキー連盟(FIS)は7日、来季のジャンプ男女のワールドカップ(W杯)の暫定日程を発表し、男子は恒例の日本開催が見送られる見通しとなった。女子は初めての団体戦が組まれた。

 シーズン30戦前後が行われる男子のW杯は、日本でもほぼ毎シーズン開催されており、来季も当初は来年2月上旬に札幌市で2戦が予定されていたが、欧州各国が平昌冬季五輪直前の日本遠征に難色を示していた。

 女子のW杯は12月16日にドイツで初の団体戦を行う。日本では来年1月13、14日に札幌市、20、21日に山形市蔵王で実施される予定。

 日程は5月のFISの会議で正式に決まる。(共同)