松山英樹、6打差の16位に浮上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第2ラウンド、4番でティーショットを放つ松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)

 【オーガスタ(米ジョージア州)共同】男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは7日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、初日54位の松山英樹は5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70とスコアを伸ばし、通算2オーバーの146で首位と6打差の16位に浮上した。

 26位から出た池田勇太は77とスコアを落として通算7オーバーの54位、80と崩れた谷原秀人は12オーバーの84位でともに予選落ちした。

 リッキー・ファウラー、チャーリー・ホフマン(ともに米国)ら4人が通算4アンダーでトップに並んだ。