女子フルーレの菊池が優勝 フェンシング世界ジュニア

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フェンシングの世界ジュニア・カデ選手権は7日、ブルガリアのプロブディフでジュニアの各種目が行われ、女子フルーレで菊池小巻(専大)が優勝した。辻すみれ(岐阜総合学園高)も8位に入った。男子エペは加納虹輝(早大)の13位が日本勢の最高だった。

 団体戦の日本は男子サーブルが11位、女子エペは17位だった。(共同)