「辺野古容認」政策に明記 自民沖縄、曖昧化を転換

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党沖縄県連は8日、那覇市で県連大会を開いた。従来主張してきた米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を「容認」する方針を、県連政策に明記した。政府・党本部と歩調を合わせつつも、過去に「県外移設」を公約に掲げた経緯から、これまで政策では「辺野古を含むあらゆる可能性を追求する」と曖昧にしていた。

 辺野古移設を巡る訴訟で昨年12月、政府側勝訴が最高裁で確定。今後、移設工事の本格化が見込まれることから、県連幹部は「あらゆる選択肢を検討する段階ではなくなった」としている。