東アジア連携、早期妥結を 日ASEAN経済閣僚、共同声明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日ASEAN経済閣僚会議で握手する各国の担当閣僚ら。中央は世耕経産相=8日午前、大阪市(代表撮影)

 政府は8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国と経済閣僚会議を大阪市で開き、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の早期妥結に取り組むとする共同声明を発表した。実現に向けて、人材育成や制度面での対応、インフラ整備などの経済協力について検討を進めることでも合意した。保護主義が高まる中、自由貿易の推進で足並みをそろえた。

 会議後の共同記者会見で世耕弘成経済産業相は「RCEP妥結に向けた大きなステップとなった。日本が主張する質の高い合意と、早期妥結とを両立すべきだということで合意できた」と評価した。