在韓米軍の核再配備を提案

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米NBCテレビは7日、米国家安全保障会議(NSC)がトランプ大統領に対北朝鮮政策見直しの一環として、核兵器を在韓米軍に再配備することを提案したと報じた。複数の情報機関や軍の高官の話として伝えた。

 NBCは配備先として、ソウル南方の米空軍烏山基地の可能性があると指摘。ホワイトハウスは、北朝鮮へ影響力を持つ中国による外交圧力や制裁強化を望んでいるが、うまくいかない場合の選択肢として検討されているという。

 在韓米軍は冷戦時代に戦術核を配備していたが、約25年前のジョージ・ブッシュ(父)政権時代に撤去したとされる。