久保、王者とも1回で計量パス WBA・Sバンタム級

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 WBAスーパーバンタム級タイトルマッチの前日計量をともにクリアした、挑戦者の久保隼(左)と王者のネオマール・セルメニョ=8日、大阪市

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級タイトルマッチ(9日・エディオンアリーナ大阪)の前日計量が8日、大阪市内で行われ、世界初挑戦で同級8位の久保隼(真正)はリミットより100グラム軽い55・2キロ、王者のネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)は55・1キロでともに1回でパスした。

 久保は8日が27歳の誕生日。報道陣からケーキをプレゼントされ「失うものはない。やるべきことをやるだけ」と気持ちを高ぶらせた。王者のセルメニョは「ステーキを食べたい」と関係者にリクエストするなど、余裕十分だった。