首相、復興相発言に陳謝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 福島県富岡町で復興関連行事に参加した安倍首相と今村復興相(左)=8日

 安倍晋三首相は8日、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還を「本人の責任」とした今村雅弘復興相の発言について陳謝した。視察先の福島県南相馬市で記者団の質問に「復興相から既に謝罪をしているが、私からも率直におわびを申し上げたい」と答えた。視察に同行した今村氏は、首相の傍らで神妙な面持ちで軽く頭を下げた。

 安倍内閣は東日本大震災からの復旧・復興を最優先課題の一つに掲げてきただけに、首相自らが被災地に赴いた機会を捉え陳謝した格好。民進党など野党は閣僚の資質がないとして、今村氏の辞任を要求している。