英EU、離脱料算定法まず合意を スペイン外相

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 インタビューに答えるスペインのダスティス外相

 スペインのダスティス外相は、英国と欧州連合(EU)の離脱交渉を巡り、将来の英EU関係を話し合う前に「(EUに対し英国が支払う分担金の)算定法など離脱の基礎要素を合意するべきだ」と述べた。8日までに都内で共同通信のインタビューに応じた。

 EUの交渉指針案は交渉を段階的に進めるとし、分担金などの問題を第1段階で協議し「十分な進展」があれば、離脱後の関係を話し合う第2段階に進むと規定。当初から将来の関係を並行的に話し合いたいとする英側の立場と対立している。(共同)