夏場所前売り券、1時間半で完売 大相撲、稀勢人気

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大相撲夏場所前売り券の完売を知らせる表示を見る相撲ファン=8日、東京都墨田区の両国国技館

 大相撲夏場所(5月14日初日・両国国技館)の前売り券の販売が8日に始まり、インターネットなどでの発売開始の午前10時から約1時間半で完売した。横綱稀勢の里を中心とした大相撲の人気ぶりが表れた。

 チケット売り場担当の浜風親方(元幕内五城楼)は「(稀勢の里の)横綱として初の東京開催場所。皆さん、期待してくれているのだと思う」と話した。キャンセルが出た場合は今後も前売りが行われ、当日券は各日約400枚用意される。