カーリング女子、3戦先勝方式で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本カーリング協会は8日、東京都内で理事会を開き、9月8~10日に北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで実施する平昌冬季五輪女子代表決定戦を3戦先勝方式で行うことを決めた。今年の日本選手権で優勝した中部電力と、昨年覇者のLS北見が対戦する。

 また、平昌で五輪初採用となる混合ダブルスは、五輪3大会に出場した小笠原歩と元女子代表監督の阿部晋也が組むチーム阿部の日本が今月の世界選手権(カナダ)で出場枠を獲得した場合、6月の理事会で日本代表決定戦の試合方式などを決める。