東京六大学野球が開幕 明大、早大が先勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京六大学野球春季リーグは8日、神宮球場で開幕して1回戦2試合が行われ、3連覇を狙う明大は東大を6―2で下し、早大は法大に7―3で勝った。

 明大は五回に5点を先制し、主導権を握った。東大の宮台は7四死球と制球に苦しみ、五回途中までを5失点だった。早大は三回に加藤のソロ本塁打で先制し、その後も着実に加点した。