北、シリア攻撃「容認できず」 報道官談話を発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【北京共同】北朝鮮外務省は8日、米軍のシリア攻撃について「主権国家に対する明白な侵略行為で絶対に容認できない」と非難し、核武力を強化するとの報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮が今回のシリア攻撃について見解を示したのは初めて。

 談話は「核兵器を持たない国だけを選んで横暴にたたいてきたのが歴代米政権であり、トランプ政権も少しも変わらない」と主張。今回の攻撃は「力があってこそ帝国主義の侵略から自らを守れるという教訓を深く刻ませた」と指摘した。