松山74、10打差28位に後退

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第3ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)

 【オーガスタ(米ジョージア州)共同】男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは8日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で第3ラウンドが行われ、首位と6打差の16位から出た松山英樹は1イーグル、1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの74とスコアを落とし、通算4オーバーの220で28位に後退した。トップとは10打差。

 67をマークしたリオデジャネイロ五輪金メダリストのジャスティン・ローズ(英国)とセルヒオ・ガルシア(スペイン)が通算6アンダーで首位に立った。1打差の3位でリッキー・ファウラー(米国)が続いた。