米国など3カ国共催で立候補へ 26年サッカーW杯

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 チューリヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】サッカーの2026年ワールドカップ(W杯)の開催地に米国、メキシコ、カナダの3カ国が共催で立候補すると8日、複数の米メディアが報じた。関係者によると、共催案は北中米カリブ海連盟の会合で決まり、10日にニューヨークで正式発表となる見通し。

 同連盟の地域でW杯が実施されたのは1994年の米国大会が最後。2022年大会招致で米国はカタールに敗れ、その後はカナダやメキシコとの共催を模索していた。

 26年大会は出場チーム数が現行の32から48に拡大される。