山口組弘道会系組長を逮捕 恐喝容疑、東京の調整役

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 金を貸した男性に返済を迫り、現金などを脅し取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課は9日までに、恐喝などの疑いで、指定暴力団山口組弘道会系組長の椎名数男容疑者(62)=東京都港区=ら男4人を逮捕した。

 名古屋市にある弘道会は山口組の中核組織。同課によると、椎名容疑者は弘道会の幹部でもあり、山口組の篠田建市(通称・司忍)組長らが上京した際の調整役などを務めている。弘道会が十数年前に東京に進出してきた際にも中心的な役割を果たしたといい、同課は、弘道会の都内での活動状況を調べる。