日ハム大谷、実戦復帰に約6週間 左太もも肉離れで登録抹消

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本ハムの大谷翔平投手

 日本ハムの大谷翔平投手が9日、左太もも裏の肉離れのため、出場選手登録を外れた。球団によると、この日は大阪市内のチーム宿舎で静養し、今後は千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で調整する。福島チーフトレーナーは実戦復帰までの期間について「4週間以上はかかる。6週目ぐらいになる」との見通しを示した。

 栗山監督は「(大谷とは)話はしていない。話さなくても本人が一番つらいだろうし。全ては俺の責任」と語った。

 大谷は8日の京セラドーム大阪でのオリックス戦に「3番・指名打者」で出場し、一回に三ゴロに倒れた際の走塁で負傷。病院での検査の結果「左大腿二頭筋肉離れ」と診断された。