中国保険監督トップを調査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 中国保険監督管理委員会トップの項俊波主席(共同)

 【北京共同】中国共産党中央規律検査委員会は9日、重大な規律違反の疑いで、中国保険監督管理委員会トップ(閣僚級)の項俊波主席(60)を調査していると発表した。詳細は不明だが、汚職の可能性がある。

 項氏は、中国人民銀行(中央銀行)副総裁や中国農業銀行会長などを歴任し、2011年10月から中国の保険会社を監督する保険監督委の主席を務めている。

 中国メディアによると、項氏が農業銀行会長だった当時、ある実業家が同銀行支店から不動産開発の名目で受けた巨額のローンをだまし取った案件に関わっていた疑いがある。