サッカーいわきFCが天皇杯進出 格上撃破、被災者に勇気

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 サッカー天皇杯福島県代表決定戦で初優勝し、喜ぶいわきFCの選手ら=9日午後、福島市

 東日本大震災の被害に遭った福島県いわき市が本拠のサッカーチーム、いわきFC(県1部リーグ所属)が9日、天皇杯進出を決めた。県代表決定戦でJ3の福島ユナイテッドFCを2―0で下し初優勝。格上を相手に一歩も引かない戦いを見せたチームは、被災者を勇気づけた。

 約2千人の観客が集まった福島市の試合会場で、いわきは運動量で圧倒、福島の10連覇を阻んだ。試合を終えた田村雄三監督は「一丸となってよく戦ってくれた。全国ではどこが相手でも攻撃のサッカーを貫きたい」と意気込みを語った。