8位の久保隼がTKOで新王者に WBAスーパーバンタム級

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ネオマール・セルメニョの棄権でTKO勝ちし、両手を上げて喜ぶ新王者の久保隼=エディオンアリーナ大阪

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦は9日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、世界初挑戦で同級8位の久保隼(真正)が王者のネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)に11回5秒でTKO勝ちし、新王者となった。

 久保は7回にダウンを喫したが、粘り強く有効打を重ねて試合を進めた。11回開始直後、王者が棄権の意思を示した。

 27歳の久保は12戦全勝(9KO)。37歳のセルメニョは34戦26勝(15KO)6敗1分け1無効試合。日本のジムに所属する男子の世界王者は10人となった。