エジプト連続テロ44人死亡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 9日、エジプト・タンタの教会での爆発後、教会の外に集まった人々(AP=共同)

 【タンタ共同】エジプト北部のタンタとアレクサンドリアにあるキリスト教の一派、コプト教の教会で9日、相次いで爆発があり、保健当局によると計44人が死亡、100人超が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)がインターネット上で犯行を主張した。エジプトのイスマイル首相は「テロ」と断定。シシ大統領は9日、テレビ演説し、3カ月間の非常事態を宣言すると発表した。

 9日はコプト教を含むキリスト教の記念日で、多くの信者が教会に集まっていた。アレクサンドリアの教会では、コプト教の指導者、法王タワドロス2世も礼拝に参加していたが、無事だった。