杉並区の住宅に遺体、胸に刺し傷

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 住宅内で遺体が見つかった東京都杉並区の現場周辺=9日午後

 9日午後2時25分ごろ、東京都杉並区清水にある住宅の床下で人が倒れていると110番があり、駆け付けた警察官が台所の床下で住宅の所有者の無職上田美恵子さん(62)の遺体を発見した。左胸に複数の刺し傷があったことなどから、警視庁捜査1課は死体遺棄容疑で捜査。殺害された可能性もあるとみて、司法解剖して死因などを調べている。

 捜査1課によると、遺体は顔や両方の手首、足首に粘着テープが巻かれており、台所の床下にある収納ケースの横に服を着た状態で倒れていた。死後3カ月ほどたっているとみられる。

 上田さんは1月上旬ごろから行方が分からなくなっていた。