玄海原発避難で意見交換 原子力防災相と佐賀知事

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 佐賀県の山口祥義知事と会談する山本原子力防災相=9日午後、佐賀県庁

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の緊急時対応を巡り、山本公一原子力防災担当相は9日、佐賀県庁で山口祥義知事と意見交換した。政府の原子力防災会議が昨年12月に了承した玄海周辺の避難計画に関し、実情に合わせて見直しを重ねていく姿勢で一致した。

 山口知事が、玄海3、4号機の再稼働に同意するかどうか判断する前提として、来県を求めていた。

 会談で山本氏は「避難計画は住民に安心してもらう手段。改善のためにできることは何でもやっていく」と強調。山口知事は「道路の渋滞を想定した訓練を行うなど、実効性を高めることが重要だ」と述べた。