文化庁、京都拠点の設置式典 「多様な文化掘り起こす」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「地域文化創生本部」の設置記念式典であいさつする松野文科相=9日午後、京都市

 文化庁は9日、京都への先行移転との位置付けで1日に発足した政策立案拠点「地域文化創生本部」の設置記念式典を京都市内で開いた。松野博一文部科学相は「地方の多様な文化の掘り起こしと磨き上げにつなげ、京都から日本の良さを発信したい」と抱負を述べた。

 山本幸三地方創生担当相も出席し「政府関係機関移転の最大の目玉が文化庁であり、なんとしても成功させてもらわなければならない」と強調した。

 山田啓二京都府知事は「京都が団結して文化庁移転を支える」とあいさつ。門川大作京都市長は「オール京都、オール関西で、日本中が文化や観光などで元気になるように取り組みたい」と語った。