バド、福島・広田組が初制覇

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 バドミントンのマレーシア・オープンで優勝した福島(左)、広田組=クチン(日本バドミントン協会提供・共同)

 バドミントンのマレーシア・オープンは9日、マレーシアのクチンで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスで福島由紀、広田彩花組(再春館製薬所)が黄雅瓊、湯金華組(中国)に2―1(21―17、18―21、21―12)で勝ち、五輪、世界選手権に次ぐ格付けのスーパーシリーズで初優勝した。

 福島、広田組は8日の準決勝でリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)を破って勢いに乗り、同種目の日本勢で前週のインド・オープンの米元小春、田中志穂組(北都銀行)に続くシリーズ制覇となった。(共同)