花見で訪れた岬で転落死、宮崎 大分の男性が散策中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 9日午後1時45分ごろ、宮崎県延岡市北浦町古江の岬の雑木林で、花見に訪れていた大分県佐伯市長島町、事務職員奥野憲次さん(39)の姿が見えなくなったと一緒に来ていた同僚から119番があった。約1時間後に約150メートル下の崖の斜面で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 延岡署は、雑木林を散策中に足を滑らせて崖から落ちた可能性もあるとみて詳しい経緯を調べている。

 署によると、奥野さんは同僚2人と岬を訪れ、奥野さんが先頭になって雑木林を散策していたという。