秋田市長に穂積氏3選 新人の元県議破る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 秋田市長選で3選を果たし、万歳する穂積志氏=9日夜、秋田市

 任期満了に伴う秋田市長選は9日投開票され、無所属現職の穂積志氏(60)=自民、公明支持=が、無所属新人の元県議丸の内くるみ氏(72)を破り、3選を果たした。投票率は前回を2・62ポイント上回る51・77%。

 市が秋田県と共に進める新文化施設の建設計画や、郊外への大型複合商業施設の出店の是非といったまちづくりが主な争点だった。

 中心市街地の活性化を唱え、新文化施設の推進を掲げた穂積氏は、秋田市内の事務所で支持者らを前に「2期8年の施策が市民から認められた。企業誘致や雇用確保などを進め、人口減少に歯止めをかけたい」と3期目の抱負を語った。