東京円、111円台半ば

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 週明け10日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台半ばで取引された。

 午前10時現在は、前週末比87銭円安ドル高の1ドル=111円47~48銭。ユーロは28銭円安ユーロ高の1ユーロ=117円90~92銭。

 前週末に米長期金利が上昇したことから、日米金利差の拡大を見込んだ円売りドル買いの動きが優勢となった。

 市場では「米国がシリアにミサイル攻撃をしたが、1回限りとされており、過度に悲観的な見方は広がっていない。リスク回避の円買いが進む状況ではない」(外為ブローカー)との声があった。