スポーツの男女平等へ署名 スポーツ庁など5団体

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ブライトン・プラス・ヘルシンキ宣言に署名し、記念撮影するスポーツ庁の鈴木長官(前列中央)ら=10日午前、文科省

 スポーツ庁などは10日、スポーツ界の男女平等を目指す「国際女性スポーツワーキンググループ(IWG)」の国際的な提言「ブライトン・プラス・ヘルシンキ宣言」に署名した。2020年東京五輪・パラリンピック開催国として、女性がスポーツに参加しやすい環境づくりに努める。

 署名したのは日本オリンピック委員会(JOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)、日本スポーツ振興センター(JSC)、日本体育協会を含めた5団体。14年の世界女性スポーツ会議で承認された宣言では、女性が安心して競技に取り組める施設の確保やスポーツ団体の女性役員の増加など10の基本方針を掲げている。