「共謀罪」質疑入りは来週 自民、民進幹部が合意

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 会談する自民党の竹下亘国対委員長(左から2人目)と民進党の山井和則国対委員長(右から2人目)=10日午後、国会

 自民党の竹下亘、民進党の山井和則両国対委員長は10日、国会内で会談した。「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を巡り、衆院法務委員会で14日に趣旨説明を行い、来週から質疑に入る日程で合意した。竹下氏は会談終了後、質疑入りは18日か19日のいずれかになるとの見通しを記者団に示した。

 両氏は会談で、債権分野を大幅に見直す民法改正案に関し、12日に衆院法務委で採決する日程でも一致した。

 与党筆頭理事の古川禎久氏(自民党)が一時、審議日程を巡る党内の不協和音を理由に理事辞任に言及し、民進党が問題視。混乱が続いていた。