人口3割減の8808万人に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国立社会保障・人口問題研究所は10日、2065年の人口は8808万人とする「日本の将来推計人口」を公表した。15年から50年間で約3割減となる。女性1人が生涯に産む子どもの推定人数「合計特殊出生率」は65年に1・44で、12年公表の前回推計(60年に1・35)から上方修正。人口が1億人を割るのは53年の予測で、前回推計の48年より5年遅いが、「60年に1億人程度」とする政府の目標は、実現が厳しい見通しが明らかになった。

 65年の65歳以上の割合(高齢化率)は38・4%で、15年の26・6%より増加。