元JT社長の水野勝氏死去

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 水野勝氏

 元日本たばこ産業(JT)社長で、消費税の導入決定時に大蔵省(現財務省)の主税局長として実務を率いた水野勝氏が3月25日午前1時51分、敗血症のため東京都内の病院で死去した。84歳。静岡県出身。葬儀・告別式は親族で行った。喪主は妻雅子(まさこ)さん。後日、お別れの会を行う予定。JTが10日発表した。

 1955年に大蔵省に入省。85~88年の約3年半にわたり税制立案部門のトップである主税局長を務めた。この間、中曽根内閣が構想した売上税創設の法案を国会に提出。廃案後は竹下内閣の下で消費税創設に取り組み、88年12月に法律が成立するまで局長として指揮した。