3月の街角景気、3カ月連続悪化 飲食、運送で人手不足懸念

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内閣府が10日発表した3月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比1・2ポイント低下の47・4となり、3カ月連続で悪化した。人手不足への懸念から飲食業や運送業で景況感が悪化したことなどが影響した。

 内閣府は基調判断を前月から据え置き、「持ち直しが続いているものの、引き続き一服感がみられる」と表現した。指数が好不況の判断の分かれ目となる50を下回るのは3カ月連続。地域別では、北海道、南関東、北陸、沖縄は上昇し、残る7地域は低下した。

 先行き判断指数は2・5ポイント低下の48・1となり、2カ月ぶりに悪化した。