私大入学定員5700人増を申請 18年度、都市部中心に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 松野博一文部科学相は10日、私立大48校の2018年度入学定員の増減計画認可について、大学設置・学校法人審議会に諮問した。都市部の大規模大の申請が多く、編入や通信制を除いて全体で計5768人増となる。答申は8月ごろの予定。

 政府は地方振興の観点から、学生の都市部集中の是正策を検討。文科省は定員超過した私立大への補助金を不交付とする基準を、18年度まで段階的に厳格化している。設置審は17年度も私立大44校の申請を受け、定員を計7354人増やす計画を認めており、駆け込みの増員申請が続いているとの見方がある。